rose cafe

何気ない愛しき日常の記録。猫との暮らし、日々のごはん、菜園日記。

大根は万人に

おせち料理のなますは、畑で育てた大根で作りました。
自分で作った野菜で料理をする。
いつもいつも、そのことを本当に嬉しく思い、すごいことだなぁと感慨深い気持ちになります。

こちらは、聖護院大根(しょうごいんだいこん)という丸い大根。

f:id:caferose:20180103232452j:plain


京野菜みたいです。
これもまた種を撒いて育てたもの。
売っているものよりも、一回り小ぶりなのだけれど、みずみずしくて新鮮なのがなんといっても醍醐味。
小さなひと粒の種がこんなにきれいな野菜になるなんて。
本当にすごい。

これで最後の聖護院大根は、千枚漬けのような味付けにしてお漬物に。

f:id:caferose:20180103232714j:plain


葉っぱの部分も入っている方がうちは好みなので、葉っぱも一緒に漬けます。
昆布も入れると、野菜から水分が出て、とろ~んとした汁に。

以前にも書いたけれど、この、ちっともおしゃれではない浅漬け容器(笑)
おしゃれではないけど、これはもう我が家には欠かせないもの。
洗っては、またなにかを漬けて冷蔵庫に入れ、繰り返し使っています。
ちなみに、この蓋に書いてあるレシピは、うちにはちょっと、う~んという感じの味でしたが(笑)

自分で作れば、塩、砂糖少しとお酢、昆布と赤唐辛子と調味料もいたってシンプル。

うまくいけば、来月あたりは、もう嫌だ~というくらいほうれん草ができる予定。
どうかな、たくさんできるかな。

冬は、野菜たちも、成長が本当にゆっくりです。
それでも、土の中では根を伸ばし、見えない部分も見える部分も、少しずつ少しずつ、確実に成長しているんですよね。

我が家では、本当によく大根を食べるようになりました。
昨年の秋頃、人によって合う食べもの、合わない食べものがあるけれど、東洋医学的には、大根だけは万人に合う食べものだと知り、以来、もうアホみたいに(笑)大根を食べています。
ただ大根おろしにしたりね。皮つきのままおろします。

ちょっと前に紹介したホツマツタエの中にも、アマテラスが、動物の肉を食べてしまったならばスズシロを食べて解毒せよと言っている部分があり(肉は食べてはいけないものになっているようですが)、古代から大根は重宝していたのだなぁと思いました。

先月にも、少し大根の種を撒いてみたのだけれど、果たして3月までにどこまで育ってくれるか。
大きくならなくても、間引き菜でも本当においしいので、それはそれでよしと思っています。