rose cafe

何気ない愛しき日常の記録。猫との暮らし、日々のごはん、菜園日記。

秋植えのじゃが芋を習う

今日は、午前中に工務店のおじさんがトイレを直しに来てくれました。
トイレのタンクの水が、いつの間にか全部なくなるという事態が発生して、部品を交換すればよいのだろうけれど、めんどくさいので(笑)お願いしました。

f:id:caferose:20170824195708j:plain

なんか知らない人がいるから、ちょっとね、だいぶ離れたところから様子をうかがっているの by まる

よーく見たら、何度か来てもらっているいつもの工務店のおじさんで、はじめて見た人ではないことがわかったのか、なぜか、おじさんに寄っていったまるちゃん(笑)

そうしたら、おじさんが「こんにちはー」とまるちゃんに言ってくれました(笑)

人見知りで、知らない人が家の中に入ってくると、押し入れの奥の方に隠れるのがいつものパターンだったのに、どうしたんだ?
ロク坊くんは、知らないおじさんが作業していても寄っていったり、工具にスリスリしてみたり(笑)、人なつっこい子だったのだけど、まるちゃんもロクみたいになってきたねぇと話していました。


午後は、畑の講習会があり、秋植えのじゃが芋について習ってきました。
春植えとは違って、そんなにたくさんは収穫できないことや、種芋はカットせず、子芋をそのまま植えることや、はじめて育てるじゃが芋、とてもとても楽しみです。
秋植えの場合、種芋をカットしてしまうと、ほぼ100%、根腐れをおこしてしまうのですって。
その後は、白菜、キャベツ、大根などと続くのですが、とにかく、なにを植えるにしても初めてのことなので、どれもこれも楽しみ。

今日、ニンジンが上手にできた話をしていて、「なにもかもが初めてなので、ひとつ習うたびに、めちゃめちゃ真剣になります」と言ったら、先生が「そういうことひとつひとつが、経験になり、身になり、血になるんです」とおっしゃっていました。
適当にやってそれなりにうまくいった、あ~よかった~では、なんの身にもならないのですって。
だから、むしろ失敗した方が、どうしてだったんだろうと考えて、身になることもある、と。
たしかにそうですね。
失敗とまではいかないけど、なぜピーマンの花が落ちたの?とか、はじめての現象に出くわすたびに、たくさん調べて、これはそういうことなんだと知って。

これからまた、初めて育てる野菜が始まるので、ひとつひとつ、根が真面目ゆえ(笑)真剣になってしまうのでしょう。
それにしても、ほんと楽しみ!