rose cafe

何気ない愛しき日常の記録。猫との暮らし、日々のごはん、菜園日記。

キュウリ消費にオイキムチ風

先週、「キュウリもう飽きてきたね」と、つい口から出てしまって、ダンナさんに叱られました(笑)

そうだ、オイキムチ風にしてみようと思い立って、本場の韓国ではどうやって作るのかな?と調べてみたら、一旦、キュウリを下漬けして、十字に切ったキュウリにはさんで漬けるのだと知りました。

お湯をわかして、塩を入れ、その中にキュウリを入れて冷めるまでそのまま。
緑色が鮮やかになり、お湯がすっかり冷める頃にはキュウリもしんなりといい感じです。

大根やニラなどで作ったキムチをはさむようですが、そこは手抜きして市販のキムチを刻んではさんでみました。

うん!かなりいけます。
そして、キュウリもボンボン消費できます。

f:id:caferose:20170729153318j:plain

食べる前日に作っておいた方がよりおいしいみたい。
キムチの汁もタラタラ~っと上からかけておくと、次の日にはよく漬かっています。

また11本も収穫できて、今回は、もう飽きたとは思いませんでした(笑)
「11本なら2日で足りないかも」とダンナさんが言うほど、このなんちゃってオイキムチ風が大人気の我が家です。

f:id:caferose:20170729153334j:plain

ダンナさんがお休みだった日、久しぶりの春巻き。
よく、大根菜を細かく刻んで春巻きの具にしていたことを思い出し、最後のニンジンの葉を同じように具にしてみました。
以前はよく作っていた春巻き、2~3年くらい作っていなかったのかな、巻いて、小麦粉+水で作るノリをどうやっていたのだったか、一瞬、とまどいました(笑)

f:id:caferose:20170729153347j:plain

普通の春巻きって、春雨が入っているのだと思うけれど、うちはかなり適当で、基本、ひき肉と野菜を細かく切ったものをごま油で炒めて、下味をつけて、片栗粉でとろみをつけたものを皮でくるくると巻くだけ。
揚げて、酢醤油辛子で食べれば、適当なハンパな野菜を巻いただけなのに、とてもおいしいおかずになります。

おいしいおかずは、たくさん作ってもすぐなくなる~。
この間は、ナスのはさみ揚げを10個作ったのに、あっという間に次の日にはすべてなくなり、ダンナさんは、大層、残念がっていました。
ナスはまだまだ収穫できそうなので、また次回。
ナスにいたっては、もう何千円分も食べたような気がします(笑)

以前は、無農薬の野菜を求めて買っていたけれど、スーパーに並んでいる野菜よりはお値段も高め。
今は、畑に行けば、すべてが無農薬野菜。
これが当たり前になってしまっていて、ふと、この間、いつも食べている野菜のほとんどが無農薬野菜ってすごいことだわ、と思いました。
時々、虫を見つけて、ひゃ~~~っとなっていますが(笑)