rose cafe

何気ない愛しき日常の記録。猫との暮らし、日々のごはん、菜園日記。

かわいい赤唐辛子

庭で育てている唐辛子が赤くなり始めています。

f:id:caferose:20170723172722j:plain


赤くなると、なんだか、断然かわいく見えるから不思議。
すごくたくさんの実をつけてくれました。

ひと苗68円だったので(笑)、元とれすぎですね。
一年分をこの時期に栽培するならば、何苗あればいいのかなと思っているのだけど、これが全部赤くなって、乾燥させて、どれくらいの期間でなくなるのか。
お漬物やおかずに、頻繁に使うものなので。

自給自足にはまだほど遠いけれど、それに、完全自給自足はむずかしいだろうと思っているけれど、野菜作りを教わって、すこし応用も効くようになって、まずは一歩を踏み出せたこと、すばらしいことだと思っています。

人の生き方は人それぞれ。
私が思う、本当に人間らしい生き方、真に豊かな生き方を地道に少しずつ体現していく。
大雑把に要約すれば、自然に沿った生き方ということになるのですが。



黄色のニンジンで作ったキャロットラペ、驚いたことに、ダンナさんが「うまい!」と言うので、今度は紫のニンジンでも作ってみました。
ニンジンよける人だったのに(笑)

作り方は、ニンジンをスライサーでおろし(なければ包丁で千切り。スライサーを使った方がニンジンに関しては食感が柔らかくなることを発見)、少しの塩で揉んで、水けを絞ったら、大体でいいのですが、酢大さじ5、油大さじ3、はちみつ大さじ1、そこにマスタードを少し。
油は、オリーブオイル、なたね油、太白ごま油がうちで使っているいつもの油なので、そのどれかで。

f:id:caferose:20170723172735j:plain

干したニンジンの葉っぱ、細かくして保存袋に入れて冷凍庫へ。
冷凍してもサラサラのままなので、使う分だけ取り出せます。


昨夜、帯津先生の本を読んでいて、本当にそうねと思う一文があったので、備忘録のために。

「死を不幸、生を幸福と考えるのは、大きな考え違いだということが見えてくるのではないでしょうか。死を不幸と考えれば、人はだれもが死ぬのですから、すべての人が不幸に向かって突き進んでいることになります。そんなことはないはずです」

人はだれしも死ぬ(肉体死ってことだけど)ということは、恐怖ではなく、むしろ、とてつもない安心感です、私にとっては。
だからこそ、どう生きるのか、どう生きたいのか、自分なりの「よく生きる」につながっているのだと思っています。