rose cafe

何気ない愛しき日常の記録。猫との暮らし、日々のごはん、菜園日記。

お百姓さんにはなれないけれど

真っ白のV字ネックのワンピース。
作ったのは、去年だったか一昨年だったか、多分、一昨年。
昨年の夏以降は、猫のロクちゃんの病気が発覚して、お裁縫どころじゃなかったから。

ほとんど着ていなくて、多分、一昨年にできあがった後に一度着たきり。
それが、この夏、着てみたら、とても着やすくて、着ていて楽なのと肌触りもいいのと、今年の夏はたくさん着ようと思っています。

首まわりのライン、全体的なAラインのシルエットが着やすいポイントみたいです。
袖ぐり、脇のあたりも、きつすぎず、ゆるすぎず、ちょうどいい。
ノースリーブワンピースって、脇のラインによっては下着が見えてしまったりするものもありますよね。
着やすいかどうか、こればっかりは、作ってみて、着てみてないとわからないのだけど、このワンピースは二重丸。
生地を変えて、襟ぐりの形を変えたりして、もう一枚作ってもいいかなと思ったけれど、今年はやらないと思います(笑)
夏のお洋服、ほんと、いっぱいあるので。

f:id:caferose:20170715163328j:plain


このハンガーね、父の遺品なんです。
父は、なんにでも名前を書く人で、フルネームで書いてあったり、このハンガーはイニシャルだけが書いてありますが、母の捨てるものリストに入っていたので、捨てるならちょうだい~!!ってもらってきたもの。
だって、父の手書きの文字が残っていて、なんともいえない風貌のレトロなハンガー、お金を出しても買えないものだもの。
普段使いに、よく使っています。

f:id:caferose:20170715163338j:plain


地模様が入っている白の生地で作りました。


昨日は、朝4時に起きて、5時台にはダンナさんと一緒に畑にいて作業、家に帰ってきてダンナさんとおうちモーニング。
疲れたので、すこし眠って、起きて、お昼には簡単にパスタでお昼ごはん。
夕方の5時台、まだ明るいうちにお風呂に入り、それからのんびりとビールを傾けながら焼魚と収穫した野菜でお夕飯。
ゆっくり後片付けをして、お茶を飲みながら夫婦で団らんの時。

贅沢な日だなぁと思いました。
こんな風に暮らしたいと思っていた、そのままの一日でした。
ありがたいことですね。

f:id:caferose:20170715163353j:plain


毎日、食べる野菜の8割は畑で採れるもの。
畑には今はない、大根、キャベツ、きのこ類、生姜、ニンニク、時々、買い足す野菜はそれくらい。

たしか、木村秋則さんの本で読んだのだったと思うのだけれど、百姓という言葉、差別的な意味で使われることもあるみたいなのですが、「百の名前を持つ人、百の仕事ができる人」という意味なのだ、というようなことをどこかで読んだ記憶があります。

数え上げれば、三十姓くらいはあるかなと当時は思っていたのですが、私の人生に畑が加わったことにより、五十姓くらいにはなれたかも。
お米を自分で作るのはきっと無理だから、お百姓さんにはなれないと思うけれど、本当に、畑を始めたことで、彩り豊かな人生へと変化しつつあります。