rose cafe

何気ない愛しき日常の記録。猫との暮らし、日々のごはん、菜園日記。

平和な村にいるみたいだった

昨日の畑の講習会、参加者はいつもより多くて10名ほど。
同じ内容で6回ほど講習会が開催されるので、どこかで参加すればよく、日によって、参加者が多かったり少なかったり、私ひとりの時もありましたが、日曜日だったせいか10名は多い方。

なので、はじめてお会いする方もいて、どんな方々が畑のメンバーさんたちなのか、まだよくわかっていないのです。
先生の説明後は、それぞれ、自分の畑での作業となるのですが、ふと、顔を上げて見渡してみると・・・。

初夏の夕暮れ時、黄金色(こがねいろ)に染まりながら、人々が、思い思いに畑で仕事をしている。
お年を召した方から小さな子どもまでいて。
いいな、いいな、すごくいいな。
ここだけ、切り取られた別世界というか別次元みたい。
なんだか、平和の村にいるみたい。
そして、これは、私が心の中で思い描いている未来の図にそっくりじゃないの。



たくさん採れたからどうぞ。
ありがとう、遠慮なくいただきます。
今はお返しできるものがないけど、なにかの時には手伝うからなんでも言ってね。
お返しなんていいのいいの、あげたいからあげるんだもの。もらってくれるのが喜び。

日が暮れたら、家に戻り、家族とゆっくり過ごしてもいいし、ひとりで好きなことをしてもいい。
お金をたくさん稼ぐためにとか、贅沢に暮らしたいからという理由で働くのではなく、やりたいことをやり、自分にできないことは、誰か得意な人にお願いして、協力しあい、なによりも大切なことは、自然との共存。
そこが最重要ポイント。



自分で食べる野菜くらい自分で作れるようになりたい、そういう思いではじめた畑。
なにもわからないので、教えてくれる先生がいる畑を借りました。
畑のメンバーさんたちのこと、今度から密かに、平和村の村民さんと呼ぼうかな(笑)

それにしても本当に。
あの美しい一瞬を切り取った絵が、私の魂に刻まれたこと。
嬉しい日でした。


またメロンを買ってしまいました(笑)

f:id:caferose:20170605152015j:plain

昨日の夜から、メロンさんが「もういいよ~。食べ頃よ~」と言っているので(笑)、今夜、切ってみることにします。
さぁ、どうかな。