rose cafe

何気ない愛しき日常の記録。猫との暮らし、日々のごはん、菜園日記。

かつてないほど大人気の肉じゃが

テレビが好きではないので、ほとんどテレビは見ないのですが、ダンナさんがお休みの日はテレビに付き合います。
そうしたら、小林カツ代さんの特集をやっていまして、カツ代さんレシピにもかなりお世話になったなぁ・・と思いつつ、その番組だけは最後まで見たのです。

主婦一年生だった頃、スポンジケーキを上手に焼くことがなかなかできなくて、やっとコツをつかむことができたのも、カツ代さんの本を読んだから。
(何年か後、薄力粉をいろいろ試してみて、しっとり焼ける粉など、粉によってもまたぜんぜん違うことを発見しました)

で、その番組内で取り上げられていた肉じゃがが、あまりにおいしそうすぎて。
カツ代さんレシピの肉じゃがは作ったことがなく、どうしても作ってみたくなって、わざわざ牛肉を調達して作ってみました。

結果、かつてないほど、売れに売れた肉じゃがでした。
(って、ダンナと私と人間はふたりしかいないけど・笑)

ごはんは梅ごはんに。
お米二合に梅干しを2~3個入れて炊き、炊けたらごはんに混ぜ込みます。
さっぱりしていて、とてもおいしいごはん。
彩りに卵と青み、それと白ごまを散らして。
ほんの少し、ごま油をたらっと垂らして炊いても美味。
昔ながらの酸っぱくてしょっぱい梅干しの方が、梅ごはんには合うと思います。

f:id:caferose:20170529161415j:plain


カツ代さん、すごいです。
調味料もそんなに多くないのに、なんといっても、じゃが芋の素材の味がきちんと生きているところがすばらしい。
今度から、肉じゃがはカツ代さんレシピでいきます。

ダンナさんは、牛肉好きだけど、実は、私はあんまり・・・なので、肉じゃがに牛肉を入れるということ自体がはじめてのことでした。
こういう煮物に入ったお肉は決して食べない人が、おいしいおいしいとバクバク食べてました!
鹿児島和牛だったからかもしれないけど。高かったし(笑)
(輸入ものは、飼料がね・・・なので、買うのは国産のもの)

北海道では、焼肉といえばジンギスカンのことを指し、こちら関東の人のようにカルビ焼肉は、あんまり馴染みがなかったこともあって、私は牛肉信奉者ではないのですが、たまーに、カセットコンロと焼肉プレートを出して、家で焼肉にすることもあります。
豚肉をカリカリに焼いて、なんちゃってサムギョプサルにしたりね。


久しぶりにムスメちゃん。

f:id:caferose:20170529161423j:plain

ワタシは毛だらけなので暑いです by まる

 

小林カツ代さんは、「私が死んでもレシピは残る」とおっしゃっていたそうです。
直接には知らない人たちが、こうしてカツ代さんのレシピでお料理を作り、おいしいねと笑顔になる。
天国のカツ代さんは、それを見て、思いっきりの笑顔でいてくれるような、そんな気がしました。
もしかしたら、こういうことが、亡くなった方への一番の供養になるのかもしれませんね。

大人気すぎて、肉じゃがのじゃが芋が3個しか残りませんでした(笑)