rose cafe

何気ない愛しき日常の記録。猫との暮らし、日々のごはん、菜園日記。

自然を感じる心

 昨夜は、お月様が本当にきれいでした。
まわりに大きな虹がかかっていて。
満月だったのだと、今日になって知りました。

以前のように、この日が満月、この日が新月、意味を追い求めるかのように気にすることがまったくなくなった今。
ただただ、ごくごくシンプルに、月をきれいだと思う心。
それだけあればいいと思っています。

相変わらず、空を見上げるのが好きなのは変わっていないので、昼でも夜でも、何度となく空を見上げていますが。

ドクダミにつぼみがつき始めました。

f:id:caferose:20170512162349j:plain

一週間前には、つぼみの気配さえなかったのに、一斉に白いつぼみがついて。
白い小さな花が咲くまで、もう少しね。

考えごとをしながら歩いていて、優しく吹いてくる風に気づく時。
あぁ、よかった。
頬をなでてくれた風に気がつくことができて。

日々、喧噪の中にあろうとも。
どうか、身近にある自然を感じる心が、私から失われることがありませんように。

真摯に、お月様に祈った昨夜でした。

300円でリメイク

よそ様にとっては、 取るに足らないささいなことでも、日々、暮らしている中で、その家の住人にとっては、ここがちょっと・・・っていうこと、きっと、あると思います。

 
これは、トイレに置いていた籐とステンレス製の棚なのですが、籐の部分が薄汚れて、ザバザバといくら洗っても、なんだかすっきりときれいにならず、もう、こうなったら白く塗ってしまおう!と。

f:id:caferose:20170510145920j:plain

白のアクリル絵の具を、乾かしながら、三回ほど重ね塗りしました。
10年くらい前は、文房具屋さんに行って買っていたアクリル絵の具も、今は100円ショップで売ってくれるようになって大助かりです。
3本で300円(正確には税込み324円)、大体、いい感じに仕上がりました。

 なにが好きって、お料理が大好きなんです。
食べることよりも、作ることが楽しい。

昨夜は、きつねちらしときのこのお吸い物。
(きつねちらし=お稲荷さんを作る時と同じ味付けで、小さめに切った揚げを煮て、錦糸卵とともに酢飯に乗せたもの)

型抜きした人参は、ラップに包んで、ごはんを炊く時に炊飯器に一緒に入れると、ごはんが炊けたら人参もやわらかくなって、わざわざ別にゆでる手間がはぶけます。

f:id:caferose:20170511170717j:plain

 
今日は、ダンナさんお休みにつき、デザートも作りました。

f:id:caferose:20170511170731j:plain

チーズケーキを焼いたのだけど、型から外す時に、若干、失敗しました(笑)

オーブンが変わって(前のは7~8年使って壊れました)からというもの、スポンジケーキは前のよりしっとり焼けるけれど、どうも、チーズケーキは焼き加減の研究が必要な感じ。

これから暑くなってくるにつれ、バターケーキのようなどっしりとした焼き菓子より、軽い感じのお菓子や冷たいお菓子がよくなっていきますね。

久しぶりにハンバーグ

 昨日の晩ごはんは、久しぶりにハンバーグ。
ダンナさんは大喜び!

 
ずっと、野菜を切るのに道具を使うなんて、やっぱり自分の手で包丁を使って切らないと、と思っていたのですが、人参しりしりは、包丁ではなく、スライサーを使った方がふんわりやわらかくできると知り、試してみたところ、本当にできあがりが違って驚いたことがあります。

キャロットラペも、スライサーを使った方が口当たりが優しい感じ。
切れている面がギザギザになることが、ふんわりとやらかい食感を生むようです。

f:id:caferose:20170510145745j:plain

人参しりしりって、人参が甘くて、一本をあっという間に食べられるくらいおいしいと思っていて、こんなにおいしいなら人参しりしり器を買おうかと思ったこともあるのですが。

形状をよく見ると、これはもしかして、チーズおろし器で代用できるんじゃない?と気づき、やってみたところ大正解。

輸入物で、たしかフランス製だったような。
忘れてしまいましたが、なにせ20年以上前のものなので(笑)

f:id:caferose:20170510145756j:plain

細かい面でパルミジャーノをおろすだけで、それ以外には使っていなかったのだけど、人参レシピで使う機会も増え、新たに物が増えることもなくてよかった。
(なるべく、今ある物をきちんと使い、物を増やしたくないと思っています)

 

 今日もまた、海苔弁にしてもらうのを待つまるちゃん。

 

f:id:caferose:20170510145808j:plain

おまけ。

f:id:caferose:20170510175025j:plain

雨が降ったりやんだりの今日。
外猫ちゃんたち(おかっぱちゃんとこももちゃん)が雨宿りに入ってきました。

外の子たちが入ってくると、特に雨上がりは、雑巾がけすると真っ黒になります(笑)

畑はわたしの喜び

4月30日に植え付けた中玉トマト、うちに来てから、10㎝以上伸びていて、支柱と結び付けていた麻ひもを上の方に結わえ直しました。
8の字結びにして、きつすぎないよう、ゆるすぎないよう、なんといっても、トマトの茎を折らないようにそーっと。

 

f:id:caferose:20170509154539j:plain

手持ちの中で一番大きな鉢に植えたのですが、お友だち(コンパニオンプランツ)のバジルと20㎝は離したかったものの、15㎝くらいになってしまいました。

トマトは乾燥を好み、バジルは水分を好むため、トマトには余分な水分をバジルが吸収してくれるそうです。

他にも、トマトとニラとか、様々なコンパニオンプランツがあるそうで、今年は、畑の先生に教わったのと同じ方法にしておいた方が、畑初心者には無難。

これはなんだと思います?

 

f:id:caferose:20170509154554j:plain


コウサイタイ(紅菜苔)というナバナの種なんです。
畑から撤収した時に持って帰ってきて、庭で育て、種を取って、秋に植えてみようかなと思って。
次の冬にはコウサイタイは栽培予定がなく、おいしくて気に入ったので、もっと食べたかった~!!と。
まるで、小学生の観察日記みたいに、毎日、観察しています(笑)

今日のムスメちゃん(まるちゃん)

 

f:id:caferose:20170509154617j:plain

なぜ、お茶碗の前で座っているのかというと、ここに海苔を入れてくださいとじっと待っているのです。
まるちゃん、海苔が大好きで、しかも、高い海苔しか食べなくて(笑)、まるちゃんに気に入ってもらえるのかどうかが、海苔を買う基準となっています。

毎度、「ママ、海苔弁にしてください」と、こんな風に待つまるちゃんでした。

畑で野菜を育てることは、私にとって、人生が彩り豊かなものになるだろう。
そう思って始めた畑。
思っていた以上に大きな喜びを与えてもらっています。
時に、一生懸命、鍬で耕していて、背中のすじをおかしくして、うっ・・・となろうとも(笑)
よく耕された土は、すーっと水が入っていくのですね。
畑でのさまざまな体験、今後も、思う存分、楽しみつつ、学びたいと思っています。

 

自分を見つめる

絹さやがたくさん採れました。

f:id:caferose:20170508165956j:plain


そうしたら、夕方に、お隣さんから「この間はどうも~。これ、いただきものなんですけど」って手渡されたのが、またしても絹さや!
絹さやだらけでどうしましょう(笑)

とりあえず、半分ほど茹でておきました。
味見してみたら、すっごく甘い!
なにもつけずに、このままバクバク食べられそうなくらいの甘さ。
やっぱり、畑の土がいいのだろうなぁと思います。
畑から持って帰ると、土がついているのでいつも新聞紙を広げるのですが、沖ノ島という字が目に入り。

おととしの夏くらいでしたか、沖ノ島世界遺産候補になったというニュースを見たのは。
そして、今回、世界遺産登録に決まったことを知り、日光・東照宮の裏手の方にある滝尾神社(沖ノ島と同じ神様が祀られています)のことを思いだしていました。

f:id:caferose:20170508171943j:plain

 
ここは、本当に、とてもよい神社でした。
東照宮の賑わいとはうって変わって、とにかく静かで。
これまで訪れた中で一番好きな神社かもしれません。

ここしばらくは、とてもお利口さんのまるちゃん。

f:id:caferose:20170508172121j:plain

とにかく、脱走しない=お利口さんということになっているこの頃です(笑)

パセリを干して、乾燥パセリがまた小瓶にいっぱいになったので、パンを焼いてたっぷり乗せました。

f:id:caferose:20170508172730j:plain


もちろん、生の葉を摘んできてみじん切りにしてもいいのですが、ドライパセリを振る方が楽なので、ついついドライを使ってしまいます。

日々、なにを思い、どんなことに反応しているのか。
自分はこういうことに、こんな風に反応してきたんだなと、その時すぐではなく、後になってからでもいいから、第三者的な目で自分を見つめるということは、私にはとても役立っています。
実体のないものに反応して、勝手に気が滅入ったりしているだけ、ということが結構あるもので、ならば、次からは同じ反応をしなくてもよいのだな、という風に。

ピアニストのまさちゃんは、音楽を通して自分を見つめられると言っていました。
ベニシアさんは、庭と植物を通して、内なる庭を育てているのだと書いています。
きっと、人によって、その人なりのよい方法があるのですね。

ラディッシュのおいしさにはまる

ラディッシュって、こんなにおいしい野菜だったのね!と再発見。
わざわざ買ってまで食べようとは思っていなかった野菜ですが、種を撒いて、間引きしたものを食べてみたら、あら、こんなにおいしいものだったんだと、ラディッシュにはまっています。

f:id:caferose:20170504162430j:plain

 
これは畑じゃなくても、鉢植えでもプランターでも容易に栽培できそう。
あまりにおいしくて、はまってしまったので種を買ってきました。

畑で作ったのと同じ「コメット」というのがよかったのだけど、近くのホームセンターにはなく、代わりに、これは楽しそうと、三種類がミックスされた種を購入。

 

f:id:caferose:20170507153911j:plain

 
ラディッシュは連作可、真夏と真冬をはずせば、収穫まで日数もそれほど必要がないし、食べたい分を少しずつ栽培していけば、種を一袋買っても使い切れるだろうと思って。

お漬物にしても色がきれいだし、おいしそう。
最近、ぬか漬けを再開したので、ぬか床にも入れたいのです。

f:id:caferose:20170507153902j:plain

ここ近年、真夏は35℃以上になるのが当たり前になって、さすがに、ぬか床を常温で管理するのはむずかしくなり、とうとう、うちも冷蔵庫で漬けることにしました。

f:id:caferose:20170507153921j:plain


去年、ロク用に買ったベッド、ロク坊が逝ってしまって、そんなに使っていないし、まだ新しいので、まるちゃんに使ってもらっていますが、まるにはちょっと小さい(笑)

それにしても、野菜の品種ってたくさんありすぎて驚きます。
まだこれからなのですが、植える予定の枝豆の名前を見て、快豆黒頭巾ってなに?黒い枝豆なの??と、いちいち不思議がっています。

ちなみに、快豆黒頭巾は甘味が強いそうなので、植えてみるつもり。
(楽しみ!!)

心を込めて丁寧に大切に育てる

私の特技(?)は、初対面でも、犬と猫と小さな子どもに好いてもらえること。
それと、なぜか、ダウン症の子にも好かれることが多くて、会うと必ずといっていいほど話しかけられるので、お話ししています。


けれど、どうも、植物とはうまく付き合って来られなかった、自分ではそう思っています。
結構、これまでも、お花を枯らしてしまったし。
それが、今年に入って、畑を始めたことで、今までよりは植物界に近づけたと感じられるようになってきました。
私にとっては、これはとても嬉しいこと。

このベンチは、たしか4年前、外猫ちゃんたち用に新たに買いました。

f:id:caferose:20170506152803j:plain

ダンナさんに、右側の一部をノコギリで切ってもらって、出入り口を。

f:id:caferose:20170506152813j:plain

座面がガバッと上がって、中にいろいろ収納できるような作りになっているのですが、なんにも入れずに、猫ちゃん用に。

チラッとのぞいたら、外猫のおかっぱちゃん(男の子)が、かわいい顔して入ってた!
ちゃんと使ってくれてありがとうね。
かわいい顔だけど、なんか笑っちゃう(笑)

f:id:caferose:20170506152824j:plain

この記事を読んで、昨年12月に亡くなったロク坊のことを想う。
(今でも、ロクのことを思わない日は一日もないのだけど)
本当に、大事に大事に育て、病気になってからは、持てる愛すべてを使いました。
見返りを求めない無償の愛ということで言えば、これは、明らかにそう。
ロク坊くんの魂が更に発展し、進化しますように。
日々、そう思ってきましたが、この記事の通りだとすると、どこかほっとして心が緩みました。

心を込めて丁寧に大切に育てる。
ようやく、動物だけではなく、植物にも同じように接することができるようになってきました。