読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rose cafe

何気ない愛しき日常の記録。猫との暮らし、日々のごはん、菜園日記。

りんごのケーキ

涼しかったので、焼き時間が40~50分かかるケーキでもいけそう、暑くなるとしばらく作らないだろうからと、りんごを入れたケーキを焼きました。

レシピを探すのが面倒な時は、カトルカールを基本に。
カトルカール=4つの材料を4分の1ずつという意味。
つまり、小麦粉、バター、砂糖、卵、すべてが同じ分量でいいのです。
小麦粉、バター、砂糖を100gずつ、卵2個が基本。

ここから、その日の気分で多少アレンジ。
あんまり甘すぎるのは好きではないので、砂糖を減らす、バターも少し減らす、ラム酒を少し入れる、ベーキングパウダーを少し入れてみる、薄力粉だけじゃなくて強力粉も合わせてみる、などなど。


売りものにするわけじゃなし、その時に自分が食べたい味を食べたいように、家で作るお菓子はそんな風にいつも作っています。

f:id:caferose:20170527153045j:plain

既に、ダンナさんに二切れ食べられた後の図ですが(笑)

お菓子作りを習ったことはなく、本を見ながら作るようになり、長年やっていると、それなりに上手になって、人様にお出ししてもおいしいと言ってもらえるようになりました。
材料はシンプル、添加物の類は一切入らない。
ベーキングパウダーを使う場合は、アルミフリーのを使っています。
プロのお菓子職人のように、きっちりとしたデコレーションはできないけれど、家で食べる気楽なお菓子は、こんな風に素朴なもので充分だと思っています。

優しい世界

オムライスが食べたい~!ということで、昨日の晩ごはんはオムライス。
ダンナさんがお休みなのでビールつき。
プレミアムモルツが好きです。
もう、発泡酒は飲めなくなってしまいました・・・おいしいと思えないから。
まるちゃんほど味にはうるさくないけど、週に一度か二度のことなので、本物でおいしいのがいい。

f:id:caferose:20170526153222j:plain


オカヒジキが育ち始めていて、間引いたものをサラダに散らしました。
オカヒジキ大好き、シャキシャキ感がいいですよね。


久しぶりのばななワールド。
三分の二ほど読んだところで、この小説の感想を一言で言うと、優しい世界。

f:id:caferose:20170526153233j:plain


「彼女はだれのことも裁かない人だった」
という一文が出てくるのですがね。

誰も、自分で自分のことを裁かず、よって、他人のことも裁かない世の中になったら・・・。
アホで単純な私は、すばらしいなぁと思うのでした。
なにかを、あるいは、人を、裁くのはもうやめよう、そう思っているだけでもきっと違う。
(自分で自分を裁かない、それが第一段階。とにかく自分の中を見ること)


小説って、話の内容だけではなくて、ハッとする一文に出会えたり、じんわり心に染み込んでいくような言葉に出会えたり、それがよいところでもあり、楽しみなところでもあります。

ところで、さすがの私もふなっしーは知っていましたが、ふなっしーって妖精なんですね!
ただ、梨をモチーフにしたゆるキャラだとばかり思っていて、梨の妖精だとは知らなかったなっしー(笑)
(使い方合ってるのかどうか、わかりません・笑)

 

一番大事なこと

涼しいし、雨の前に畑に行っておこうと思い、昨日は畑へ。

f:id:caferose:20170525174439j:plain


イエローアイコちゃんの一番果。

ナス、きゅうり、ピーマンは、一番最初の実がまだ小さいうちに採ってしまうこと。
株がまだ子どもなので、苗自体を大きく育てるために、ピンポン玉くらいになったら採るようにと教わりました。
(トマトとミニトマトは採らない)

f:id:caferose:20170525174726j:plain

ピーマンの赤ちゃんを収穫。

f:id:caferose:20170525174807j:plain

8㎝くらいのきゅうりも収穫。
ナスはまだお花の状態で実にはなっていなかったので次回に。

そして、メインの作業は、絹さやを撤去して、次の里芋のために土作り。
涼しいとはいえ、スコップで土を掘り起こして、その後、鍬で耕しているとやはり汗はかきます。
ふ~っと一息つくと、風がサーッと吹いてくれて。
そういう時は、いつも、風(の精霊)に「どうもありがとう」とお礼を言っています。

目には見えない世界を信じても信じなくても、どっちでもいいのだけど、大切なのは、普通に与えられている五感を大切にすることだと思っています。
霊力のようなものがあるからといって、それが本当の幸せに結びつくわけではないし、ましてや、その力があるからといって心が美しいこととはまったく関係がない。
一番大事なのは心が美しいこと。
そして、それは、日常生活の中で培っていくことができるもの。

ということを、この数年のさまざまな体験(不思議体験含む)を通して学んだのでした。

昨年の冬に亡くなった猫のロクのこと、今でも毎日、想っています。
心の中の想いは、ロクがいてもいなくても変わりはない。
けれど、体があるってすごいことよ。
触れること、話しかけること、お返事してくれること、見つめること、見つめてくれること・・・、たくさんありますね。

だから、家族を大切にして、普通の日常生活を送ることがどんなにすばらしいことなのか、日々、心の浄化に努めている現在です。
心の浄化はもう趣味レベルかも(笑)
というか、これは永遠に続くこと、天界に帰ったとしても続くことなのだろうと思うこの頃。

 

ロク坊くん、このブログのアイコンに使っている子です(*^^*)

f:id:caferose:20170525182209j:plain

 

これでいいではなく、これがいい

昨日は、作ってみたいと思っていたカレーにしました。

kurashi-no-kihon.com

 

作っていて、これはあまり水分飛ばしすぎないで食べてみたいと思い、ドライカレーとカレーの中間くらいの仕上げに。

f:id:caferose:20170524001008j:plain


う~ん、決してまずくはないのだけど、いつも作っているドライカレーは、絶品!と太鼓判を押せるのに対して、こちらは、それなりという感想。
ダンナさんはおいしいと言っていたけれど。

ちょっとしたスパイスの配合の加減でこうも違うものなんだなぁと思いました。
カレーレシピは、(栗原)はるみ先生レシピが、一番、私にはおいしいと感じられます。
ちなみに、カレーはルウを使わないことにしました。
ルウの三分の一が油、それも?というような油が使われているのだと知ってからは、カレー粉を使ったり、スパイスを調合して作ったりするようになりました。
はるみ先生のトマトカレーとドライカレーがあれば、カレーレシピはそれでいいかもとさえ思っています。

衣食住。
日々、暮らしていく中で欠かせないもの。
なにを選ぶのかも人それぞれ。
まずは、自分を大切にすること。
大切な自分に与えるのならば、どんなものを選ぶのか。
どうでもいいようなものは、選ばないと決めています。
お金は大事なものだから、これでいいやと思うものには使いたくない、これがいいと思うものに使いたい。

でもまぁ、時々、血迷うこともあって(笑)、この間、ユニクロスヌーピーとかムーミンがついたTシャツをかわいいな~と思い、一瞬、買おうかと思ったのだけど、いやいやいやいや、冷静になってみれば、やっぱり違うでしょ、と。
で、結局は、無印良品オーガニックコットンの半袖Tシャツ、無地の白のを買ったのですが、これが涼しい上に、着心地がとてもよくて、あの時、血迷ったまま買わなくて本当によかったわと思っています。

今は、これがいいと思える麦わら帽子を探しているのだけど、なかなかお目にかかれず、もしかしたら、このまま夏が終わってしまうかもしれません(笑)

 

マグロ事件

昨夜は、アボカドまぐろ丼。
酢飯にして、小皿でわさび醤油を作り、たらたら~っとかけていただきます。
酢飯とわさびと海苔、この組み合わせがほんと大好き。


それでね、うちの猫のまるのことなんですけど、大好物だったはずのマグロを食べないことが二度続き、もう好きじゃなくなったんだなぁと思い、まるちゃんが食べないなら少なめでいいわと、人間が食べる分だけ解凍したのですが。

f:id:caferose:20170523165716j:plain


あれ、あれ、あれ~?
小皿にわさびを乗せた時点でやって来た!
これでは、前のまるちゃんのままではないの。
(まるちゃんの頭の中では、わさびの匂い→マグロがあるはずと結びついている)

どうやらね、前回と前々回のマグロがお気に召さなかっただけの話みたいで。
今回のマグロは上物を選んで買ってきたから、上物マグロだと、普通においしそうに食べてました・・・(なんということでしょう)

というわけで、人間用のマグロが少なくなってしまったアボカドまぐろ丼でした。
そんなことなら、もっとマグロを出せばよかったよ。

 

f:id:caferose:20170523165732j:plain

だからさ~、ワタシは安いものは嫌いなのよ~ by まる

そんなこと言ってもさ~、まるちゃんほど鼻もよくないし、ママたちには違いがあんまりよくわからないけどね~ by ママ

今年のアスパラ、味が濃くてとてもおいしかったです!


しばらくアスパラ三昧

 母がアスパラを送ってくれました。
おいしそうです!!

f:id:caferose:20170522150956j:plain

東神楽産、旭川の近くですね。(旭川近辺には行ったことがなく・・・)
毎年、毎年、父が存命中だった頃から、季節の野菜を注文して届けてくれるのです。
まずは、シンプルにマヨネーズでいただいてから、炒めたり、お肉で巻いてフライにしたり、二袋あるのだけど、いつも、結構、早くになくなってしまうんですよね。

 この間、仕込んでおいたせっけん、あと2~3日でカットできそうです。
使いやすい大きさにカットして、そこからまた乾燥させていきます。

f:id:caferose:20170522151003j:plain

せっけんの型は牛乳パック2枚重ね。
型の型(笑)、木枠のは、余っていた端材を使ってダンナさんが作ってくれたもので、ずーっと使い続けています。

 
暑いけれど、真夏とは違って湿度が低いので、日が落ちると過ごしやすくて助かりますね。

f:id:caferose:20170522151030j:plain

古いベンチは、外猫ちゃんの爪とぎ代わりと化していますが、こちらのベンチの方が下からも風が抜けて涼しいみたいで、こちらのベンチの方が人気。
もう少し頑張ってもらって、いよいよダメになったら粗大ゴミの申し込みをしないと、です。

果実酒の瓶や氷砂糖を目にするようになりました。
もうすぐ梅だなぁと思っています。



蜂さんは怖くない

少なくとも、うちの庭にくる蜂は怖くないです。
(そりゃあ、スズメバチを見たらやっぱり怖いのかもしれないけど、近場では見たことがない)


庭で育ち具合を観察したりしていると、蜂さんが飛んでくることがよくあるのですが、
「トマトのお花はあともう少しだから、今はこのお花をどうぞ」と話しかけ、こちら側に敵意がまったくなければ、蜂を恐れる必要はないというのが持論で、刺されたことは一度もありません。
すぐ近くにいてもぜんぜん平気。

もしも、内心、「あぁ・・・蜂だ・・刺されたらどうしよう、怖いな・・・」と思っていたとしたら刺されるのかも。
もしくは、ビクビクしながら、言葉だけで「こちらのお花をどうぞ」と言ってもダメなのかも。
全身全霊100%、私はあなたを敵だと思っていないオーラを出していない限りできない技かもしれないのですが。
だって本当に怖くないし、嫌だとか嫌いだとか思っていないんだもん(笑)

子どもの頃、ずっと犬が怖くてね。
小学校帰りに犬がいたら、とにかく怖くて怖くて、走って逃げました。
走ると追いかけてくるのよね(笑)
それが、小学5年生の時に犬を飼うことになり、たった一匹の犬との出会いが私を変えてくれ、どんな犬も怖くなくなり、今では、犬でも猫でも、すぐに仲良くなれます。
その犬、愛犬コロは老衰で12歳半で亡くなりました。
そして、なぜか、次は猫との出会いばかりが続き、今に至ります。

32℃、暑かったです~!
こうめちゃん、暑いねぇ。

f:id:caferose:20170521161727j:plain

暑くておかしくなってるね(笑)

f:id:caferose:20170521161735j:plain

家の中も暑いねぇ。
まるちゃん、冷たいの出したから使っていいのよ。

f:id:caferose:20170521161742j:plain


今は、こういう風に木を使ったのを売っていないから、これ買っておいてほんとによかったわ by ナチュラル好きのママ

f:id:caferose:20170521161750j:plain

先日、種まきをしたラディッシュの芽が出てきました。
双葉がかわいい。
畑のラディッシュは、あと一個かな、葉っぱはすっかりレース模様になっていましたが(つまり、虫さんに食べられた)、最後の一個だし、庭で育てているのもあることだし、虫さんに提供することにしました。